ラグジュアリー・ホテルの未来に向けて“チェックイン” - 著名な未来学者とともに、ラグジュアリー・トラベルの未来像を予測

※本ニュースリリースは、2016年5月16日にIHGが発表したニュースリリースの抄訳です。

インターコンチネンタル ホテルズグループ(IHG(R))が展開するインターコンチネンタル(R) ホテルズ&リゾーツは本日、全米の有力企業の指南役として人気のある未来学者、フェイス・ポップコーン氏からさまざまな知見の提供を受けることを発表しました。インターコンチネンタルがラグジュアリー・トラベルを追求し続けて早くも70年。次の70年を見据えるタイミングに合わせて、今回のコラボレーションが実現しました。


インターコンチネンタル ホテルズグループ(IHG(R))が展開するインターコンチネンタル(R) ホテルズ&リゾーツ(以下、インターコンチネンタル)は本日、全米の有力企業の指南役として人気のある未来学者、フェイス・ポップコーン氏からさまざまな知見の提供を受けることを発表しました。インターコンチネンタルがラグジュアリー・トラベルを追求し続けて早くも70年。次の70年を見据えるタイミングに合わせて、今回のコラボレーションが実現しました。

未来のラグジュアリー・トラベルのトレンドについて、フェイス氏はお客様体験、サービス、デスティネーション、ホテルのデザインに注目しています。同氏は、未来のラグジュアリー・トラベルにおけるサービス体験やお客様体験について、バーチャル・リアリティ(VR)による現実逃避や没入型のブランド体験が主軸になると考えています。

クランニング(仲間化)体験: バーチャル・リアリティ(VR)技術のおかげで、アドベンチャー体験やラグジュアリー感を世界各地にいる友人や家族とリアルタイムに共有できるようになります。つまり、ゲストが家族とともにシミュレーションのアドベンチャーをリアルタイムに体験できるため、アフリカの野生動物保護区を歩き回ったり、すでに絶滅してしまった海洋生物と一緒に海を泳いだりすることも可能になるのです。
ワードローブのカスタマイズ: ホテルがファッション・ブランドと提携し、ゲスト客室内のワードローブのスポンサーを委託、3Dプリンティングによるデザイナーズ・ファッション・アイテムがそろうようになります。ワードローブは、ゲストのオンラインショッピングの傾向やサイズ、現地の天候を基に、ゲストの個性に合わせてカスタマイズされます。
現実逃避: 私たちの知る「ラグジュアリー」の領域が高嶺の花ではなくなるため、消費者はさらに手が届きそうにない究極の体験を求めるようになります。そこでホテルは、安全な環境にいながらにして、危険を切り抜けるようなファンタジー世界への逃避が楽しめるゲーム風の環境をゲストに提供するようになります。

「トレンド預言者」の異名をとるフェイス・ポップコーン氏は、フォーチュン500社ランキングに名を連ねるような世界の大手企業からの依頼も多く、消費者トレンドの高精度な予測で各社を支援しています。インターコンチネンタルは、ラグジュアリー・トラベルの中心的存在として今後もその地位を守り続ける取り組みの中でフェイス氏との協力関係を構築、緻密な調査を重ねることで、95%の予測精度を実現しています。

未来学者フェイス・ポップコーン氏のコメント:
「今年70周年を迎えるインターコンチネンタル ホテルズ&リゾーツと共同で、ラグジュアリー・トラベルの未来像を予測しています。これからの消費者は、没入型の体験を求めるようになります。現実面でもバーチャル面でも、ラグジュアリー感にどっぷりと浸れるような体験です。バーチャル・リアリティ(VR)を活用し、個人的な嗜好や苦手なもの、プロフィール・データなどを絶えず拾い続けることで、一生に一度でいいから味わってみたい体験をゲストに対して、違和感なく、ごく自然な形で提供できるようになります。つまり、ゲストの目にもそのように映るのです」

2086年までには、空間自体は究極のラグジュアリーを実現し、VRでインテリア・デザインは進化してゲストが自分好みにカスタマイズ可能になります。また、前人未踏の場所や没入型の体験へと誘うのが、ラグジュアリー・トラベルの役割になります。

戦略的(計画)削減: 2050年までに世界の人口の70%が都市部に暮らすようになり、絶えず変化する景観に適応していくために、各ホテル・ブランドが「戦略的(計画)削減」などの新しいホテル開発方式に乗り出すなど、ラグジュアリー・ホテルの設計や構造が劇的に変わります。
没入型空間: ゲスト自身が自分の趣味やニーズに合わせて宿泊空間を設計できるようになります。ホログラフィ技術を生かして自由に変更できるウォールアート、自由自在にカスタマイズ可能なインテリア・デザインなど、最先端の設備を活用してゲストの満足度とくつろぎを最大限に高めます。
世界の文化を体験: 1つのホテル内でありながら、ホテルのウィングごと、あるいは客室ごとに、例えば金色に輝くカリブ海のビーチや白銀のゲレンデなど、世界各地の文化が楽しめる雰囲気が設定されるようになります。

日々の暮らしを充実させる新たな体験を生み出し続けるため、インターコンチネンタルでは、ラグジュアリー・ホテルのデザインを専門に手がけるインテリア・デザイナーとして世界的に有名なタラ・バーナード氏と手を組み、同ブランドの新たな設計思想づくりに乗り出しました。

ホテルのラグジュアリー・デザインの未来に関するタラ・バーナード氏のコメント:
「インターコンチネンタル ホテルズ&リゾーツは、ホテルという資産が持つ個性やラグジュアリー感を高めるため、インテリアや美意識の向上を常に追い求めています。ゲストの体験のうち、インテリアの様式やデザインは大きな比重を占めます。それだけにインターコンチネンタルの新しい設計思想の刷新をお手伝いできることになり、大変光栄に思います。これが将来に向かってラグジュアリー・トラベルの可能性を押し広げる原動力になると考えています」

インターコンチネンタルは、中国のソンジャン・クオリー・ホテルの開発を開始、再び新市場の開拓に乗り出します。同ホテルは、上海郊外の採石場跡地にある深さ90メートルの巨大な穴の壁面に沿うように建設されます。地上から流れ落ちる滝、バンジージャンプやロッククライミングなどのエクストリームスポーツ施設、水底客室、最先端の会議施設を備えるほか、地熱発電と太陽光発電で電力をまかなうなど、かつてないほどの環境志向のホテルをめざします。

インターコンチネンタル ホテルズ&リゾーツグローバルブランド戦略担当バイスプレジデント、サイモン・スクートのコメント:
「フェイス・ポップコーン氏とのコラボレーションやタラ・バーナード氏との提携により、インターコンチネンタルは、今後もラグジュアリー・トラベルの中心的存在として、これまで以上に揺るぎない地位を築いてまいります。インターコンチネンタル・ブランドのDNAには、イノベーションとパイオニア精神が刻まれています。1946年、ブラジル・ベレムでの第1号ホテルの開業に伴ってインターコンチネンタル ホテルズ&リゾーツのブランドが誕生して以来、当時、世界各地をジェット機で飛び回る富裕層向けに魅力と発見に満ちあふれた新たな世界へのゲートウェイを担ってきました。それから70年。グローバルな旅行のあり方が大きく変わる中、インターコンチネンタル・ブランドもそれに合わせて大きく進化してきました。」

昨年はロンドン、ドバイ、チェンナイ(インド)など9軒のホテルが新規開業し、今年下期にはインターコンチネンタル北京三里屯の開業を控えているほか、定評あるインターコンチネンタル ニューヨーク バークレーの改装など、ラグジュアリーを追求する同ブランドならではの遺産は脈々と受け継がれています。

以上

インターコンチネンタルホテルズグループ(IHG(R))について
インターコンチネンタル ホテルズグループ(IHG(R))【LON:IHG; NYSE:IHG (ADRs)、本社:英国】は、インターコンチネンタルホテルズ&リゾーツ、キンプトン ホテルズ&レストランツ、HUALUXE(華邑) ホテルズ&リゾーツ、クラウンプラザホテルズ&リゾーツ、ホテル インディゴ、EVENホテルズ、ホリデイ・イン ホテルズ&リゾーツ、ホリデイ・イン エクスプレス、ステイブリッジ・スイーツ、キャンドルウッド・スイーツといった幅広いホテルブランドを展開するグローバル企業です。
IHGは現在、世界の約100 の国や地域で5,000以上のホテル、74 万2000室を所有、運営、リース、もしくはフランチャイズ契約しています。さらに、世界中でおよそ1,400ホテルを開発中です。 また、業界初、およそ9,400万人以上の会員を擁するIHGリワーズクラブは、世界最大のホテル会員組織です。
インターコンチネンタルホテルズグループ PLCは、グループの持ち株会社であり、英国で法人格を取得し、イングランドとウェールズに登記しています。世界各地のIHGのグループホテルおよび本部では35万人の従業員が働いています。
IHG では、各種情報の入手や、宿泊予約をインターネット上で行うことができます。各ホテルに関する情報、及びご予約に関しては、www.ihg.com、また、グループのホテル会員プログラムのIHGリワーズクラブに関しては、www.ihgrewardsclub.com をご確認ください。
IHGの最新情報については、メディア向けページwww.ihg.com/mediaのほか、www.twitter.com/ihg、 www.facebook.com/ihg、www.youtube.com/ihgplc をご覧ください。(いずれも英語サイト)
IHGはまた、毎年、消費者の動向を形づくる鍵となるトレンドをテーマにした「IHG年次レポート」を発表しています。www.ihgplc.com/trends (英語)

IHG・ANA・ホテルズグループジャパンのウェブサイトURL: www.anaihghotels.co.jp
IHG・ANA・ホテルズグループジャパンのプレスリリースウェブサイトURL: www.anaihghotels.co.jp/corporate/pr

フェイス・ポップコーン氏について
『The Popcorn Report』、『Clicking』(邦訳『クリッキング 売れる17の波』), 『EVEolution』(邦訳『彼女が買うわけ、会社が伸びるわけ―女性を魅きつけるマーケティング8つの法則』)、『Dictionary of the Future』、新刊『Popcorn Report 2020: A Leap of Faith』など、話題作を次々に世に送り出しているベストセラー作家。世界的に著名な未来学者であり、トレンドを軸にした未来予測型のマーケティングコンサルティング会社ブレインリザーブ社(1974年設立)の創業者・CEO。「トレンド預言者」(ニューヨークタイムズ紙)、「マーケティング界のノストラダムス」(フォーチュン誌)などと呼ばれ、米国屈指のトレンド予測専門家として知られています。新鮮な食品や4WDの需要を見事に的中させるなど、緻密な調査を重ねることで95%の予測精度を実現しています。また、宅配、在宅勤務、ホームショッピングの爆発的な成長を初めて予測したことでも知られます。さらに予測の中にはソーシャルメディアの台頭もありました。トレンドが消費者のライフスタイルに及ぼす影響に着目する同氏の未来予測は、世界中の膨大な数に上るオーディエンスから支持されています。

タラ・バーナード&パートナーズについて
タラ・バーナード&パートナーズは、国際的に定評あるインテリア設計デザイン事務所で、ラグジュアリー・ホテルなどホスピタリティ産業を専門としています。代表のタラ・バーナード氏を始め、実績豊富な建築家・デザイナーが在籍し、取引先にはフォーシーズンズ、トンプソンホテルズ、スターウッド、SIXTY ホテルズなど、世界の有力ホテル・ブランドが名を連ねています。同事務所は、旅行の未来像や、絶えず変化するラグジュアリー・ホテル利用客の体験に対する鋭い視点で定評があります。バーナード氏の美に対する感性は非常に高く、ロンドン、ニューヨーク、マイアミ、ロサンゼルスなど各地で実施された大型プロジェクトのコンペに同事務所が勝利しています。今年、バーナード氏は、インターコンチネンタル ホテルズ グループの主任デザインコンサルタントにも就任、同ブランドのクリエイティブデザインを始め、世界に190軒あるインターコンチネンタル ホテルズ&リゾーツの未来像についてデザイン面からコンサルティング業務を担います。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ