「未来につなぐふるさとプロジェクト」2016年の活動を開始

キヤノンは、生物多様性の啓発・保全活動「未来につなぐふるさとプロジェクト」の運営を刷新し、このほど協働団体として選出された5団体による2016年の活動を開始します。また、公益財団法人日本自然保護協会の監修のもとホームページを刷新し、「MY行動宣言」と連携したコンテンツを公開します。

<未来につなぐふるさとプロジェクトホームページ>
 http://cweb.canon.jp/csr/furusato/index.html

■ 2016年の活動概要
生物多様性の啓発・保全活動を実施する協働団体を募集し、29団体の応募から以下の5団体が選ばれました。

■ ホームページリニューアルの概要
より多くの方に生物多様性について理解を深めてもらい行動していただけることを目指し、公益財団法人日本自然保護協会の監修のもとホームページを刷新しました。「MY行動宣言※」と連携し、お子様にも分かりやすい内容・デザインで、生物多様性を楽しく分かりやすく学べ、生物多様性に関する行動を写真で確認でき、具体的な行動を始める手助けとなります。今後さらにコンテンツを充実させ、生物多様性の啓発に貢献していきます。

※「MY行動宣言」
「国連生物多様性の10年日本委員会」が推進する生物多様性を啓発する施策の一つ。5つのアクション(たべよう、ふれよう、つたえよう、まもろう)を例示し、生物多様性に関する市民の活動を促す。

<「未来につなぐふるさとプロジェクト」とは>
「未来につなぐふるさとプロジェクト」は、子どもたちの未来に美しく緑豊かなふるさとを残すことを目的として、公益財団法人パブリックリソース財団の協力のもと、キヤノンマーケティングジャパンが2010年に開始した、今年で7年目を迎える生物多様性の啓発・保全活動です。2016年の活動より、新たに公益財団法人日本自然保護協会をパートナーに加えて、国内各地で協働団体と連携した活動を実施します。



企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ