H.I.S.×小学館 日本の最新トレンドを世界に発信するメディア第一弾 中国語版フリーペーパーをH.I.S.と小学館が協業で発刊!

 株式会社エイチ・アイ・エス(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:平林 朗、以下「H.I.S.」)と株式会社小学館(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:相賀昌宏、以下「小学館」)は協業第一弾として、小学館が発行する月刊情報誌『DIME』(毎月16日発売)のブランドで、訪日中国人ツーリストへ向けた中国語版フリーペーパー小冊子を新たに発刊いたします。

『DIME』フリーペーパー小冊子・中国版(簡体字)
●2016年5月19日(木)より配布開始(5万部を予定)
●配布場所 中国内のH.I.S.各支店(8店舗)、
5/19~22に行われる上海旅行博H.I.S.ブース内
日本国内(ホテル、H.I.S.ツーリスト・インフォメーション・センター34拠点等)

<コンセプト>
 世界65カ国に店舗を持つ旅行会社H.I.S.と小学館は、訪日外国人ツーリストに向けて“日本の魅力”を情報発信するメディアを新たに創出いたします。外国人ツーリストの更なる訪日需要を喚起するとともに、日本各地を活性化し「日本の元気」を世界に発信するプロジェクトです。

 協業第一弾として、創刊30周年を迎える人気トレンド情報誌「DIME」のブランドで訪日旅行を計画中、または訪日旅行中の中国人ツーリストをターゲットに、編集部のネットワーク・編集力をフル活用し、H.I.S.の海外現地法人による訪日におけるニーズ調査を反映させた中国語版DIMEフリーペーパー(A4変形版4C24ページ)を発刊いたします。

<内容>
 モノ消費からコト消費への興味・嗜好の変化が顕在化しつつある訪日中国人ツーリストに対し、日本のメディアとして最新の”JAPAN NOW”を発信し、中国人ツーリストの訪日意欲を十二分に惹き出す魅力的なコンテンツを紹介いたします。

 中国人にも人気の神奈川県にある「藤子・F・不二雄ミュージアムを10倍楽しむ方法」や「DIME」が得意とする日本の最新トレンド情報を中心に、「2016年日本のラーメン新潮流BEST10」、「最新東京/大阪お出かけスポット」、「訪日外国人に売れている家電」、など、ガイドブックにはない”日本の今”を楽しむ情報が満載です。

 また、掲載コンテンツと連動したH.I.S.オリジナルの訪日ツアーや、掲載店舗で利用できる割引クーポンをH.I.S.と協業して開発するなど、新たな訪日旅行需要を喚起します。

 今後は、H.I.S.の海外64カ国134都市218拠点を活用した各国の訪日希望外国人への情報収集と、自治体と連携したH.I.S.オリジナル訪日ツアーの企画造成、「DIME」のみならず小学館が持つコンテンツをフル活用し、国内外でインバウンド向けのフリーペーパーを発行、ツーリストが現地をより楽しみ、その地域の活性化に繋がるきっかけと循環を生み出す活動へと繋げてまいります。

[ページ構成:前半16P…コンテンツ、後半8P…ツアー概要]

■DIMEについて

 AV、家電ほか、デジタルギアの最新情報はもちろん通信、クルマ、旅、グルメ、ファッション、エンタメなど幅広いジャンルの旬ネタ、お得情報を網羅。ビジネスパーソンの知的好奇心を刺激する最新トレンドマガジンです。

■平均発行部数/約10万部

■発売日/毎月16日

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ