ぺネロぺアニメ放送10周年記念! ぺネロぺといっしょ はじめてのクラシックコンサート チケット好評発売中~7月24日(日)狭山市民会館他~

ぺネロぺアニメ放送10周年を記念した『ぺネロぺといっっしょ はじめてのクラシックコンサート』の今夏開催のコンサートチケットが好評発売中!

ペネロペといっしょにクラシックの生演奏を親子でお楽しみいただけるコンサート。 ちいさなお子様のクラシックコンサートデビューを応援!0才から入場可能です。 2部で構成されたコンサートは、”クラシック”に触れることはもちろん、楽器の音色や リズムなど、音楽の楽しさをお届けします。ぺネロペと一緒に参加する楽しさも加わ り、親子で楽しめるコンサートです。

ペネロペはフランスの絵本作品として生まれ、日本ではシリーズ51巻、累計283万部 の大人気絵本シリーズです。2006年から毎年NHK Eテレにて放送のアニメーションシリーズは、2016年アニメ放送10周年を迎えます。

【1部】クラシックコンサート 【2部】いっしょに楽しむ音楽会ペネロペの映像にあわせて生の音楽を楽しんだり、ペネロペとお姉さんとともに手拍子やステップで参加してお楽しみ頂けます。
※予告なく内容が変更される場合がありますので、ご了承をお願いいたします。

【公演概要】
公演名:ペネロペアニメ放送10周年記念!
ペネロペといっしょはじめてのクラシックコンサートキャッチコピー:親子のためのクラシックコンサート

出演:ペネロペ・<お姉さん>水谷圭見・ペネロペうっかり楽団

7月24日(日) <1>11:45~ <2>14:15~
狭山市市民会館(埼玉県狭山市入間川2丁目33番地1号) チケット料金 S席2,300円(1列~20列)、A席2,000円(21列~30列) 主催:ぺネロぺコンサート実行委員会、狭山市市民会館・協力:岩崎書店
チケットに関するお問い合わせ 狭山市市民会館 04-2953-9101(9:00~21:30 休館日月曜・祝日の翌日)

7月25日(月) <1>11:45~ <2>14:15~
杉並公会堂(東京都杉並区上荻1-23-15) チケット料金 S席2,300円(1階席)、A席2,000円(2階席)
主催:ぺネロぺコンサート実行委員会・後援:杉並区 ・協力:岩崎書店

8月14日 <1>11:45~ <2>14:15~
船橋市民文化ホール (千葉県船橋市本町2-2-5) チケット料金 S席2,300円(1階席)、A席2,000円(2階席) 主催:ぺネロペコンサート実行委員会、船橋市民文化ホール・協力:岩崎書店
チケットに関するお問い合わせ(共通のキョードー東京もご記載ください) 船橋市民文化ホール:047-434-5555

<上記3公演に関する共通事項>チケット発売中
※全席指定、税込、2才未満膝上鑑賞無料(但し座席を使用する場合は有料)
※開場は開演の30分前 ※公演時間 約1時間15分(休憩15分あり)

■チケットに関するお問い合わせ キョードー東京:0570-550-799 (平日11:00~18:00/土休日10:00~18:00)

■公演に関するお問い合わせ オールスタッフ: 03-5823-1055(平日11:00~19:00)

企画・制作:ペネロぺコンサート実行委員会

============================================
<公演レポート> 2015年12月23日(水・祝) 東京・池袋 豊島公会堂


『ぺネロぺといっしょ はじめてのクラシックコンサート』の初公演。会場ロビーにご用意したぺネロぺのぬいぐるみとの撮影スポットなど、開演前から会場は大賑わい。たくさんのお客様にご来場いただきました。コンサートは2部構成。 第1部では、フルート、ヴァイオリン、チェロ、ピアノによる生演奏でスタート。モーツァルトなどポピュラーな作曲家の曲の演奏に加え、 楽器紹介なども行いました。 第2部では、クリスマス衣装のぺネロぺ&お姉さんと一緒に、手足を動かして楽しむダンスコーナーも。短時間であっという間に振り付けを覚えてしまうお子さんたちに驚きました。 約1時間の公演は、大盛況のうちに終了しました。

●1部
・モーツアルト/アイネ・クライネ・ナハトムジーク ・ドヴォルザーク/ユーモレスク(ヴァイオリン紹介) ・バッハ/無伴奏チェロ組曲第一番(チェロ紹介) ・ゴセック/ガボット(フルート紹介) ・チャイコフスキー/コンチェルトNo1(ピアノ紹介) ・パッヘルべル/カノン(全員紹介) ・ペネロペの音楽会(アニメ「うっかりぺネロぺ」より) ・オースティン/人形の夢と目覚め~・エルガー/愛のあいさつ ・モーツアルト/フィガロの結婚・序曲

●2部
・ルロイ・アンダーソン/そりすべり
・クリスマスメドレー
(もろびとこぞりて(主は来ませり)~ サンタが街にやってくる~きよしこの夜~
We wish you a merry Christmas) ・赤鼻のトナカイ (お姉さんの歌) ・ジングルべル (お姉さんの歌) ・ペネロペ今日はクリスマス(アニメ「うっかりぺネロぺ」より) ・きらきら星~変奏曲 ・チャイコフスキー/くるみ割り人形から 葦笛の踊り・花のワルツ・ロシアの踊り・ヨハン・シュトラウス/ラデツキー行進曲(アンコール)

「ぺネロぺ」とは
2003年「ゲオルグ・ハレンスレーべン&アン・グットマン夫妻」による絵本がフランスで出版され、2004年には日本でも岩崎書店から日本語翻訳絵本が出版されている。
主人公「ぺネロぺ(Pénélope)」は3歳のコアラの女の子。「うっかり屋さん」がぺネロぺの特徴で、とても愛らしいぺネロぺの「こどもらしい日常」を描く物語。絵本には「ぺネロぺのしかけえほんシリーズ」「ぺネロペのおはなしえほんシリーズ」「ペネロぺのできるかなえほんシリーズ」があり、51タイトル 累計283万 部以上を誇っている。絵本としては非常にタイトルも多く継続的に発刊されていることから、親から子へ長い期間、愛され続けている名作。アニメ『うっかりぺネロぺ』は、2006年11月から一話5分のミニ番組としてNHK教育テレビ(現 Eテレ)で放送が開始され、第1シリーズから第3シリーズまで毎年放送されており、今年で放送10周年を迎える。
現在はNHK Eテレにて、毎週水曜日 午前6:40~6:45/午後5:20~5:25で放送中。

DVDはシリーズ累計20万枚を売り上げる実績を持つ。(5分×67話)

作品の特徴としては、「自然体のこどもらしさ」「安心・上質で本物」「お母さんが選ぶ」などのキーワードが挙げられており、3才~6才あたりの認知率は80%以上、3才~5才の児童がいるお母さんの認知率は、なんと93%という驚異的な客観的なデータも出ている。このような良質なイメージがあることで、情操教育などに関心の高いファミリーが、その本物志向や子どもに豊かな経験の機会求めている背景もあり、本物の音楽を、小さいお子様も一緒にコンサート会場で聴けるチャンスを提供したいという目的で、 誕生したのが「ぺネロペといっしょ。はじめてのクラシックコンサート」である。今回で二回目を迎える「ぺネロぺといっしょ はじめてのクラシックコンサート」は、ぺネロぺアニメ放送10周年記念!として開催される。たくさんの親子やファミリーが来場します。そして何よりも子供の笑顔が溢れるファミリーコンサートの決定版!ご期待ください!

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ