世界最大級のスタートアップイベントが今年も「Slush Asia 2016」として、5/13-14 幕張メッセにて開催

http://asia.slush.org

世界最大級のスタートアップイベント「Slush Asia 2016」は5月13-14日に開催、4,000人が幕張メッセに集います。Slush Asiaは夢を掴もうとする国内外の才能あふれる若き人材と世界的な起業家、投資家、エグゼクティブ、企業、ジャーナリストをつなげ、スタートアップの土壌を育むグローバルコミュニティを創ります。

■Slush、そしてSlush Asiaについて
Slush Asia 2015 キーノートステージの様子 (C)Jussi Hellsten

北欧フィンランド発祥の世界最大級のスタートアップイベント「Slush(スラッシュ)」。ヘルシンキで毎年11月に開催されるSlushは、世界中のスタートアップ、起業家、投資家、エグゼクティブ、企業、ジャーナリスト、学生が参加する一大イベントです。2008年の初回開催からわずか数年間で、国際的な人材とビジネスモデルが育まれる土壌をフィンランドの地に作り出しました。

この冷寒の地で生まれた熱いムーブメントは、2015年4月、「Slush Asia」として日本にやってきました。アジア初開催となったSlush Asiaには37ヶ国から3,000人以上の人々が参加しました。Slush Asia 2016は、英語を公用語とする2日間のイベントに世界各国から総計4,000人を動員します。このイベントのために、国内のみならず海外からもボランティアが集います。

去年は1日のイベントでしたが今年は2日間に拡大、ピッチコンテストでは60社のスタートアップが英語でプレゼン、世界中のキーマンにアピールする舞台を設けます。またスタートアップと投資家がつながるマッチメイキングツールを強化し、イベント中最適な人との積極的にミーティングができる仕組みを整えます。そして選りすぐりのゲストスピーカーによるトークセッションも繰り広げられます。
 
「日本は人材も資金もあるが、なかなかシリコンバレーのようにならないのはエコシステムが形成されていないから。スタートアップのエコシステムをきちんと作っていくことが重要である。」
− 孫泰蔵氏(株式会社Mistletoe)

■ 世界中の起業家、イノベーターによるトークセッション

Keynote Stageではソフトバンクグループの代表取締役副社長のNikesh Arora(ニケシュ・アローラ)氏、アリババグループCTOのJian Wang (王堅)氏、Founders FundパートナーのGeoff Lewis(ジェフ・ルイス)氏、Wantedly CEOの仲暁子氏、i/o VenturesマネージングパートナーのPaul Bragiel(ポール・ブラギエル)氏、コメディアンでありTerraSkyの重役の厚切りジェイソン氏、グロービス経営大学院大学学長の堀義人氏など50人以上のスピーカーが登場します。Slush Caféでは大ステージで登壇した直後のスピーカーによる対談セッションを小さなスペースにて行います。参加者とインタラクティブな議論を重視したスペースになります。

プログラム:
http://asia.slush.org/program2016/

■ スタートアップ60社によるピッチコンテスト、投資家とスタートアップをつなぐマッチメイキングツール
協賛企業やスタートアップによる出展ブース、スタートアップ60社がプレゼンテーションをし、賞金を競い合うピッチコンテストが行われます。また、今年は投資家とスタートアップが事前にミーティングを設定できる独自のマッチメイキングツールを導入しました。アルゴリズムを使用し膨大なデータベースから最適なマッチが表示されます。当日、投資家、スタートアップはイベント会場内の「Meeting Area」の利用が可能です。

■ 日本最大級のインターナショナルハッカソン”Junction Asia”を開催
Slush Asiaのサイドイベントとして、3日間に渡るハッカソンイベント「JUNCTION ASIA」が5月6日-8日に開催されます。200人の若きエンジニア、デザイナー、マネージャー、マーケッターが3日間にわたり一堂に会し、様々なトラックで未来をハックします。

2015年11月ヘルシンキで初開催されたJUNCTIONは、北欧のスタートアップシーンで最も注目されたハッカソンイベントの1つであり、35カ国から約1000人が集まりました。

日程:5月6日(金)~8日(日)
場所:寺田倉庫(天王洲アイル)
参加費:無料
対象:エンジニア、デザイナー、マネージャーやマーケッター、学生、社会人
申し込み:http://www.junction.asia

■ Slushについて
ヘルシンキで11月に開催されるSlushは、世界中のスタートアップ、起業家、投資家、エグゼクティブ、企業、ジャーナリスト、学生が参加します。2008年に200人規模に今ではフィンランド首相、中国副主席、エストニア大統領、スウェーデン王子等、各国の首脳陣までもが集まる場となりました。2015年のSlushでは、100ヵ国から15,000人が参加し、1,700のスタートアップ、800の投資家、630のジャーナリストがヘルシンキに集結しました。SLUSHのユニークさは、ひとつのテーブルでフィンランド大統領と英国首相、当時学生だったSlushのオーガナイザーが対談する機会や、スタートアップと投資家が積極的に交流する場があることに表れます。

——-
▶︎ Slush Asia 2016開催概要
日時:5月13-14日(金・土)10:00~18:00
会場:幕張メッセ (〒261-8550 千葉市美浜区中瀬2-1)
申込:http://slushasia.peatix.com

——-

《※※当イベントは、メディア取材を受け付けます。※※》
日時: 2016年5月13日、14日
場所: 幕張メッセ
内容: スピーカーとのインタビュー
※予定が変更する場合があります。ご了承ください。

◆ メディア関係者の参加方法:
当日ご取材いただけるメディア関係者の方は、下記のリンクよりメディアパスを申請してください。メディアパス:http://bitly.com/slushasia16media

Team Slush
広報担当:松崎(asia@slush.org)

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ