映像とオーケストラで楽しめる「ディズニー・ファンタジア・コンサート2016」が開幕。

ウォルト・ディズニーの歴史的名作「ファンタジア」をライブで体感できるオーケストラコンサートが東京国際フォーラムにて上演。ライブナビゲーターに高嶋ちさ子、ゲストピアニスト清塚信也が出演。

名作映画を舞台上に設置した大スクリーンで上映し、音楽をフルオーケストラの演奏で楽しめる「シネマオーケストラシリーズ」。近年多くの名作が上映されているが、ゴールデンウィークの初日となる本日上映されたのは、75年前に製作されたディズニーの名作「ファンタジア」と、ウォルトの遺志を継いだ人々によって作られた『ファンタジア2000』からの厳選演目。
唯一無二の『ファンタジア』の世界に5,000人の観客が酔いしれた。


東京国際フォーラムのステージに設置された600インチの大スクリーンを前に、初めに登場したのは日本フィルハーモニー交響楽団。そして大きな拍手の中、指揮者のワード・ステアが登場。1曲目に演奏されたのは、ベートベンの交響曲第5番「運命」。「ジャジャジャーン!」という迫力ある演奏に合わせ、スクリーンにはディズニーのアニメーションが映し出された。

続けてステージにナビゲーターの高嶋ちさ子が登場。自身も「ファンタジア」のファンだという高嶋が軽快なトークを交えて、楽曲の解説や製作の秘話など、ファンタジア豆知識を披露。会場は笑いの渦に包まれた。
ライブナビゲーター 高嶋ちさ子

美しいアニメーションに乗せて演奏されるチャイコフスキーの「くるみ割り人形」、魔法使いの弟子に扮したミッキーが奮闘するデュカス「魔法使いの弟子」など次々と名曲が演奏され、2幕では、ピアニストの清塚信也が登場。ガーシュウィンの「ラプソディー・イン・ブルー」、そして目を見張るほどの速さで鍵盤を操る、リムスキー・コルサコフ/ジャック・フィナの「クマンバチ・ブギ」を披露。
高嶋に感想を聞かれると、開口一番「楽しかったー!!」と興奮気味に話し、映像と合わせることの難しさを語った。その後、高嶋も演奏に加わり2曲を披露。鳴り止まない拍手の中、最後には日本フィルハーモニー交響楽団にひときわ大きな拍手が送られた。

近年「バック・トゥ・ザ・フューチャー」や「タイタニック」など多くの作品が上演されている「シネマオーケストラ」だが、本日上映された「ファンタジア」は”音楽ありき”で作られた作品。「生のコンサートにできるだけ近づけたい」というウォルト・ディズニーのこだわりが凝縮された、まさにオーケストラと共に上映されるべき作品である。

日本公演は東京、名古屋、大阪で開催。
本日の公演は完売。明日4/30(土)の公演は当日券も販売が予定されている。

<今後の上演予定>
東京公演 :4月30日(土)11:00開演/16時開演 東京国際フォーラム・ホールA
名古屋公演:5月3日(火・祝)16:30開演 愛知県芸術劇場大ホール
大阪公演 :5月7日(土)17:30開演 大阪国際会議場メインホール

<出演> 指揮:ワード・ステア ライブナビゲーター:高嶋ちさ子 ゲストピアニスト:清塚信也

<チケット料金>S席 8,500円 A席 6,500円(3歳以下入場不可)

公演公式ホームページ:http://www.disney.co.jp/eventlive/fantasia.html

ゲストピアニスト 清塚信也

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ