子どものための国際協力プログラム「友情のレポーター」取材報告会を開催!

国境なき子どもたち(KnK)は、5月5日「こどもの日」に、東京都新宿区のJICA地球ひろばにおいて、フィリピン、カンボジア、シリア難民を取材してきた4組の「友情のレポーター」たちによる取材報告会を行います。

「友情のレポーター」は世界の国々で取材を行いながら日本と海外の子どもたちが友情をはぐくむことを目的とした、子どものための国際協力プロジェクトです。帰国後は自分たちが見たこと、知ったことを日本の人々に広く伝えることも「友情のレポーター」の大切な役割です。1995年の開始以来、カンボジア、フィリピン、ヨルダンなどの国々に60名のレポーターが派遣されており、人に伝えることを使命とするレポーターたちが数年おきに合同報告会を行っています。

この度、5月5日「こどもの日」に、東京都新宿区のJICA地球ひろばにおいて、2012年から2015年にフィリピン、カンボジア、ヨルダンのシリア難民を取材したレポーターたちによる報告会を実施します。

司会は、2003年にカンボジアを取材した先輩レポーターのフォトジャーナリスト、安田菜津紀さんです。

世界の子どもたちの現状を見てきたレポーターたちと共に「日本にいる私たちには何ができるのか」を考える機会となれば幸いです。お誘いあわせの上、ぜひご来場ください。

友情のレポーター 2012~2015 取材報告会 - 共に成長するために –

日時 : 2016年5月5日(木祝)13:00~15:00
場所 : JICA地球ひろば セミナールーム600
東京都新宿区市谷本村町10-5(JICA市ヶ谷ビル内) TEL:03-3269-2911
■ JR中央線・総武線 「市ヶ谷」 徒歩10分
■ 東京メトロ有楽町線・都営地下鉄新宿線 「市ヶ谷」A1番/4番出口 徒歩10分
■ 東京メトロ有楽町線・南北線 「市ヶ谷」6番出口 徒歩8分
参加人数 : 申込先着50名(参加費:無料)
申込方法 : KnKウェブサイト(http://knk.or.jp/ev160408/?PT)より5月1日(日)必着でお申込ください
司会 : 安田菜津紀(フリーフォトジャーナリスト/2003年友情のレポーター)
主催 : 国境なき子どもたち(KnK)
後援 : 独立行政法人国際協力機構

友情のレポーター
2012年フィリピン取材: 吉川 拓樹(12歳/三重)、菅野 樹希(15歳/岩手)
2013年カンボジア取材 : 後藤 要(13歳/岐阜)、水谷 涼香(14歳/神奈川)
2014年ヨルダン(シリア難民)取材 : 佐々木千夏(16歳/岩手)、太田 成美(14歳/静岡)
2015年フィリピン取材 : 菅 拓哉(12歳/埼玉)、佐藤 旭(12歳/岩手)
※年齢は取材当時のもの

(当事業は第9回かめのり賞の活動奨励金を活用して実施します。)

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ