~IKEA港北と三溪園の連携が実現~環境にやさしいLED電球、人にやさしい「リラックス スペース」を提供!

IKEA港北から三溪園(公益財団法人 三溪園保勝会)に、LED電球を提供していただくことになりました。
LED電球への交換は省エネの向上やCO2排出削減だけでなく、「文化財などを傷めにくい効果も期待」※1されます。横浜市では、様々なLED電球の特徴を活かし、生活環境を快適・便利にするモデルケースとして、LED電球の普及を促進していきます。
また5月、スウェーデンの作家によるアート展「北欧美術展」※2の開催をきっかけに、IKEA港北が北欧の初夏を感じる「リラックス スペース」(休憩所)を設置し、風薫る新緑の中、来園者の皆様が、ゆっくりと文化芸術を楽しんで頂ける空間を期間限定で提供します。

【提供に至った経緯】
平成27年9月、横浜市とイケア・ジャパン(株)は環境と調和した社会をめざした連携協定を締結し、連携して省エネルギー対策の推進などを進めています。その取組の一つとして、LED電球の普及を進める「横浜あかりプロジェクト」※3に協力をいただく中、IKEA港北から三溪園へ提案をいただき実現したものです。
さらに、「北欧美術展」の機会に、同社の北欧家具を用いた休憩所を設置することで、和と北欧デザインの親和性を高め、来園者の利便性向上にもつながる取組に協力いただきます。

【取組内容】
1.LED電球について
重要文化財「旧燈明寺本堂」や、「三溪記念館」ロビーなど7施設で、127個分の照明をイケア製LED電球に交換します。

2.リラックススペースについて
設置期間:平成28年4月29日(金・祝)~5月24日(火)
「北欧美術展」( 開催期間:5月12日(木)~5月24日(火))の開催に先行し、イケアの家具を用いて三溪園内2か所に、リラックス スペース(休憩所)を提供します。

・「旧燈明時本堂」前庭

「北欧美術展」会場前に、北欧らしいカラフルで大人から子供も楽しめる野外空間を創造します。

・「旧矢箆原家住宅」(合掌造り)

内部を見学できる建物で、囲炉裏周りにクッション、縁側に設置する椅子からは庭の新緑が楽しめるなど、新たな魅力を提案します。

【三溪園案内】
住所:〒231-0824 横浜市中区本牧三之谷58-1

電話:045-621-0635
開園時間:09:00~17:00(最終入園16:30)
入園料:大人500円(中学生以上)、こども200円(小学生)
公式ホームページ: http://www.sankeien.or.jp/

【参考】
※1「LED電球の主な特徴」 (出展:「あかりの日」委員会 住まいの照明 省エネBOOK)
・省エネ      一般電球に比べて、消費電力が約-80%
・寿命が長い    一般電球より約40倍も長持ちで交換の手間が少ない
・物を傷めにくい  光に熱や紫外線をほとんど含まないため、美術品など色あせしにくい
・虫が寄付きにくい 光に熱や紫外線をほとんど含まないため、虫が集まりにくい
上記以外にも、すぐに明るいなど様々な特徴があります

※2 「北欧美術展」 (主催 EAJAS 共催 三溪園)
スウェーデン・日本で交互に開催されるビエンナーレ展。三溪園(旧燈明寺本堂)
のほか、赤レンガ倉庫1号館・岩崎ミュージアムの3施設を会場に、スウェーデン
の作家による作品が展示されます。
【三溪園での開催期間】:平成28年5月12日(木)~5月24日(火)

※3 「横浜あかりプロジェクト」
温暖化対策の推進に向け、市民、事業者の皆様と家庭から排出するCO2の削減を身近で
できる取組として、省エネ効率の高いLED電球への交換を目的とする事業です。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ