ANAHD、エアー沖縄とグランドシステム沖縄の経営統合後に出資しグループ化 来年4月めど

airokinawa

ANAホールディングス(ANAHD)は、那覇空港で地上ハンドリングを行うエアー沖縄とグループのグランドシステム沖縄を2016年4月1日を目処に経営統合し、同日にANAHDが資本参加を行うことでANAグループに加えると発表した。

エアー沖縄とグランドシステム沖縄は、那覇空港で全日空(ANA)からの委託を受け、国内外の航空会社の旅客サービスや運航支援、グランドハンドリング等の地上支援業務を実施してきたものの、那覇空港を取り巻く事業環境の変化に対応すべく、経営統合とANAグループへの参画を行うことで、さらに高品質なサービスと安定したオペレーションをより効率的に提供できる事業体制の構築を図るとしている。

那覇空港では、格安航空会社(LCC)や海外の航空会社の就航が大幅に増加。ANAグループは沖縄貨物ハブを展開しており、今後も事業拡大が期待されている。