マレーシア航空17便墜落事故、機体前方でロシア製ミサイル爆発 最終報告書で結論

mas

オランダ安全委員会は、マレーシア航空17便墜落事故の最終報告書を発表した。

2014年7月17日、オランダのアムステルダム・スキポール国際空港からマレーシアのクアラルンプール国際空港へ向けて飛び立ったマレーシア航空17便(ボーイング777型機)は、ウクライナ付近の高度約33,000フィートで撃墜されたとみられていた。乗員乗客298名は全員死亡している。

オランダ安全委員会は残骸を回収し、組み立てと調査を行っていた。

最終報告書では、ロシア製の地対空ミサイル「ブク(Buk)」が機体前方左側で爆発し空中分解、撃墜されたと結論付けられた。ロシア当局は特定できないと否定している。

報道によると、マレーシアのナシブ首相は刑事訴追を目指す方針を示している。ロシア当局は「偏見にとらわれている」として改めて関与を否定している。また、国際民間航空機関(ICAO)は、最終報告書を歓迎する声明を発表した。

■関連記事

マレーシア航空、MH17便事故後に危険地域を飛行との報道に反論 「ICAOが承認したルートを飛行した」

マレーシア航空、事故機の詳細と搭乗していた人の国籍を公開 オランダ人が大半

マレーシア航空機、高度1万メートルで撃墜 アムステルダム発のボーイング777型機

詳細はこちら