JR東日本、「GENBI SHINKANSEN/現美新幹線」デザインとアーティストが決定!

genbi-3

JR東日本は、2016年春頃に上越新幹線の越後湯沢~新潟間で運転を予定している「GENBI SHINKANSEN/現美新幹線」のメインコンテンツであるアートについて、各車両をプロデュースするアーティストとエクステリアデザインを発表した。

エクステリアデザインは、写真家・映画監督の蜷川実花氏により新幹線の車体全体に夏の夜空を彩る長岡の花火を描き出した。シンボルマークは鈴木直之氏によるもの。

genbi-1

インテリアは、車両ごとに注目のアーティストがこの場所のために制作した現代アートで形作られる。

11号車は松本尚氏(絵画)、12号車は小牟田悠介氏(平面)、13号車カフェは古武家賢太郎氏(絵画)、13号車キッズスペースは林泰彦氏と中野裕介氏によりアートユニット「paramodel」(絵画、彫刻)、14号車は石川直樹氏(写真)、15号車は荒神明香氏(立体)、16号車はブライアン・アルフレッド氏(映像)。

genbi-2

 13号車に設置するカフェで提供を予定している魚沼産コシヒカリの米粉や佐渡バターを使用したスイーツは菓子研究家いがらしろみ氏、燕市のこだわりのコーヒーツバメコーヒー 田中辰幸氏が監修。各ジャンルのスペシャリストの意見や協力のもと、「新しい東日本エリアを発見・体験」できる新しい列車としてプロデュースする。

gennbi-4

車両はE3系の改造による6両編成で、臨時列車として土休日を中心に年間120日程度の運転を予定している。

(画像提供:JR東日本/EX-TRAIN配信記事

詳細はこちら