シンガポール航空、エアバスA350型機で世界最長路線復活 2018年にも

A350-900_RR_SIA

シンガポール航空は、同社が2016年1月に初めて受領するエアバスA350型機の改良型を投入し、シンガポールとアメリカ本土を結ぶ路線を復活させると発表した。

シンガポール航空はA350-900型機を63機発注しており、うち7機を最長航続距離が8,700海里(約16,100キロメートル)と長い、A350-900ULRに切り替える。2018年にも受領を予定している。ニューヨークとロサンゼルス線の復活を予定しており、さらに就航地の追加を検討している。

2013年まで、当時世界最長路線となるシンガポール〜ニューヨーク線と、世界で2番目に最長路線のシンガポール〜ロサンゼルス線をエアバスA340-500型機で運航していたものの、同型機の退役などに伴い、撤退していた。

■関連記事
シンガポール航空、世界最長路線のシンガポール〜ニューアーク線を廃止!