シンガポール航空機、駐機中に前輪部分が突如崩壊 地面に接触

SQ

10月11日、シンガポール・チャンギ国際空港に駐機中のシンガポール航空機の前方部分が崩壊し、突然地面に接触するトラブルがあった。

報道によると、機材はエアバスA330-300型機で、上海からシンガポールに到着後、香港に向けて出発準備を行っていた。乗員乗客は搭乗していなかったものの、エンジニア1名が搭乗していた。怪我はなかった。着陸装置のチェック中に崩壊したとしている。

この影響で機材を変更したため、香港行きのSQ890便は約30分遅れてシンガポールを出発した。

詳細はこちら