カナダ政府、電子渡航認証を来年3月より導入 申請から5年間有効

canada

カナダ政府は、2016年3月15日より、電子渡航認証(eTA)を導入する。

ビザが免除されている国の国民が航空機でカナダに入国するか経由する際に適用されるもので、2016年3月15日以降、航空機に搭乗する前に事前にeTAを入手する必要がある。アメリカ国民とビザ保有者、陸路か船で入国する場合は対象外。日本国籍の留学生とワーキングホリデーの場合は、8月以前に就学許可証や就労許可証の発給を受けており、カナダから空路で出国と再入国を予定している場合はeTAが必要となる。

申請には、パスポートとクレジットカード、メールアドレスが必要となり、発行手数料は7カナダドル(約650円)。申請から5年間有効となる。

詳細はこちら