中部国際空港にLCCターミナル建設へ 現在の臨時駐車場に

33

中部国際空港は、LCCターミナルを現在のターミナルの南側に建設し、2017年から2018年に開業する方針で調整していることがわかった。共同通信が伝えた。

現在は混雑時のみにオープンしている臨時駐車場に建設する計画。2014年下半期の完成を予定して着工を目指していたものの、エアアジア・ジャパンが合弁解消により撤退したことから、2013年7月を予定していた新ターミナルと駐機エリアの整備工事の募集公告を延期していた。中部国際空港では、募集時期を現在調整中としている。

2016年春にはエアアジア・ジャパンが3路線に新規就航することを表明しているほか、春秋航空が便数を拡大。Vエアも、12月に就航すると明らかにしている。