エアアジア・ジャパン、株主構成を変更 フィンテック・グローバル・トレーディングが資本参加

od4

エアアジア・ジャパンは、9月25日付で株主と議決権の割合を変更したと発表した。

エアアジア・インベストメントは33%、楽天は18%で従来と変わらず、ノエビアホールディングスは13.4%から18%、アルペンは7.4%から18%にそれぞれ議決権比率を上げた。また、フィンテック・グローバル・トレーディングが新たに新規参加し、13%の議決権比率を持っている。Octave Japan Infrastructure Fund I 合同会社は議決権比率はゼロとなった。

きょう10月6日付けで、航空運送事業の許可を国土交通省から受けており、2016年春にも、名古屋/中部〜札幌/千歳・仙台・台北/桃園の3路線に就航する。 

■関連記事
エアアジア・ジャパン、小田切義憲社長単独ロングインタビュー(1)(2)(3)(4)(5)(6)
エアアジア・ジャパン、羽田空港の発着枠狙う 首都圏に大きな需要
エアアジア・ジャパン、設立会見に三木谷浩史・楽天会長が登場! 出資比率は18%
エアアジア・ジャパン、出資パートナーを発表! 楽天は18%を出資!
エアアジア・ジャパンが都内で設立会見開催! 楽天・三木谷浩史氏も登場