エアアジア・ジャパン、札幌/千歳・仙台・台北/桃園〜名古屋/中部線の3路線に就航へ

AA5

エアアジア・ジャパンは、国土交通省からきょう10月6日付けで航空運送事業の許可を受けたと発表しました。

これを受け、2016年春以降に、名古屋/中部〜札幌/千歳・仙台・台北/桃園の3路線に就航します。

エアアジアグループのトニー・フェルナンデス最高経営責任者(CEO)は、「エアアジアがまた日本の空に戻ってこられることを光栄に思います。素晴らしいパートナーの皆様とビジョンを共有し、日本の空でも皆様の旅行スタイルを変えられることを楽しみにしております。また、とても素晴らしい中部国際空港をハブとし、日本国内外への直行便だけではなく、エアアジアグループのネットワークを生かしさまざまな就航地へ今まで以上に、便利により気軽にお楽しみいただけるようになります。」とコメントしています。

 
今後、10月16日に初号機を受領する計画です。

■関連記事
エアアジア・ジャパン、小田切義憲社長単独ロングインタビュー(1)(2)(3)
(4)(5)(6)

エアアジア・ジャパン、羽田空港の発着枠狙う 首都圏に大きな需要

エアアジア・ジャパン、設立会見に三木谷浩史・楽天会長が登場! 出資比率は18%

エアアジア・ジャパン、出資パートナーを発表! 楽天は18%を出資!

エアアジア・ジャパンが都内で設立会見開催! 楽天・三木谷浩史氏も登場