TAM航空のエアバスA350型機がロールアウト 世界で4番目の運航会社に

800x600_1442409196_A350_XWB_TAM_rolls_out_of_painthall_1

エアバスは、9月16日、TAM航空が12月に受領を予定しているA350XWB初号機が塗装を終えて工場からロールアウトしたと発表した。

LAN航空とTAM航空を傘下に持つLATAMエアラインズグループは、27機のA350-900型機を発注しています。

2016年1月からサンパウロとマナウスを結ぶ路線で商業運航を開始し、世界で4番目のA350XWB運航会社となります。

詳細はこちら