NTTコミュニケーションズ、中部国際空港にSIMカードの自販機設置

nttcom

NTTコミュニケーションズは、中部国際空港国際線到着ロビーにに、訪日外国人向けのSIMカードなどの自動販売機を設置し、9月29日より販売を開始した。

7日用は3,450円、14日用は4,950円(税抜)の旅行者向けSIMカード「Prepaid SIM for JAPAN」のほか、スマートフォン、ルーター、アクセサリーなどを販売する。

SIMカードを購入して開通手続きをする場合は、自動販売機のタッチパネルを操作し、パスポートをスキャンする必要がある。支払いはクレジットカードで行う。VISA、マスター、JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナースに対応する。また、英語と中国語での案内も行う。

いずれのSIMカードも、1日100MBまでと通信量に制限がある。速度は下り最大150Mbps、上り最大50Mbps。1日あたりの通信量を超過した場合は、200kbpsに速度が遅くなる。

詳細はこちら