ジェットスターグループ3社、運賃やダイヤ調整で国交相から認可 フィリピンや台湾への乗り入れ検討

jetstar

ジェットスター・ジャパンは、ジェットスター・アジア航空とジェットスター航空と、旅客運送等の業務面で強調する航空協定の認可を国土交通相から受けたと発表した。

ジェットスター・ジャパンによると、これにより3社での運賃の調整や、一方の会社が午前便を運航する場合、もう一方の会社は午後便といった運航スケジュールの調整も可能になる。現在は3社で重複する運航路線はないものの、ジェットスター・アジアが運航する日本とフィリピンや台湾を結ぶ路線は乗り入れ候補として調整しており、販売やマーケティングなどでも協調を考えているとしている。

ジェットスター・ジャパンの片岡優代表取締役会長は、「今般の国土交通大臣による認可は、ジェットスターグループの航空会社各社が協力して旅行の機会を広げ、ジェットスターのネットワークにおいてお客様に低価格運賃をご提供することにより、真に地域に根ざしたネットワークを構築し、お客様に統一性ある顧客サービスをご提供するという当社らの目的を支持するものです。」とコメントしている。

詳細はこちら