JR西日本、500 TYPE EVAに「展示・体験ルーム」「特別内装車」を設置!

1号車1

JR西日本は、山陽新幹線の全線開業から40周年と「エヴァンゲリオン」のTV放送開始から20周年を記念して、11月7日より山陽新幹線で運転する特別車両「500 TYPE EVA」の1号車に展示・体験ルーム、2号車に特別内装車を設置することを発表した。

1号車2

1号車の展示・体験ルームには、展示コーナー「新幹線×エヴァンゲリオンパネル」「フォトスポット」「ジオラマ」と、体験コーナー「実物大コックピット搭乗体験」のあわせて4コーナーが設けられる。

「500 TYPE EVA」だけのオリジナルの展示となり、「展示・体験ルーム」への入室と「実物大コックピット搭乗体験」の利用の際には、事前の予約が必要となる。

予約方法は、特設サイトにアクセスし、抽選の応募を行う方法のほか、乗車1ヶ月前の午前10時から3日前の午後9時までに受付する方法、後日発表を予定している旅行会社で販売する専用旅行商品を旅行会社店頭で購入する方法がある。

2号車

2号車の特別内装車は、「EVAデザイン」を施した車内空間を体感することができ、通常の自由席として利用できる。

運転期間は11月7日から2016年3月までを予定している。

(画像提供:JR西日本/EX-TRAIN配信記事

詳細はこちら