JAL、国際線エコノミークラス「JAL SKY WIDERⅡ」がグッドデザイン賞受賞 ”新・間隔エコノミー”で連続受賞

jl787-6

日本航空(JAL)は、国際線で使用するボーイング787型機のエコノミークラスシート「JAL SKY WIDERⅡ(スカイワイダーツー)」がグッドデザイン賞を受賞したと発表した。

ボーイング787-8型機には88席、787-9型機には116席を設置し、いずれも「2-4-2」の配列と横9列が主流の中で約5センチのゆとりをもたせた。また、シートの前後間隔も従来より5センチ広くなっている。

国際線エコノミークラスシートでは、ボーイング777-300ER型機、767-300ER型機に導入した“新・間隔エコノミー”の第一弾「SKY WIDER(スカイワイダー)」が2013年度に同賞を受賞しており、連続受賞となっている。

jl787-9

「グッドデザイン賞」は、形の美しさ、品質、使いやすさ、商品としてのバランスの良さ、機能性や先進性、グローバル性など、あらゆる角度からの審査を経て選定される賞。「SKY WIDER Ⅱ」は、エコノミーシートでの前後5センチのスペース改善は大きいとし、この点を特に高い評価を受けた。