キャセイパシフィック航空、アジア最大の70機目のボーイング777型機を受領 「国際ハブ・香港の地位向上に貢献」

CX

キャセイパシフィック航空は、70機目となるボーイング777型機を受領した。

現在、777−300ER型機を53機、777-300型機を12機、777-200型機を5機の計70機を保有。アジア最大の同型機を運航する航空会社となっている。また、777Xのローンチカスタマーの1社で、777−9型機を21機を発注している。

キャセイパシフィック航空は、2007年9月に初めての777-300ER型機を受領しており、イヴァン・チュー最高経営責任者はコメントを発表し、「777型機は機材の近代化とネットワークの拡大戦略の中で重要な役割を果たしてきた。我々はアジア最大となる777型機を運航し、世界で最も重要な国際ハブの一つとして香港の地位を強化することに貢献してきた」と強調した。

詳細はこちら