ヤマト運輸と宮崎交通、路線バスで宅急便を輸送する「客貨混載」を開始 西日本初

sub1_convert_20150928112301

宮崎交通とヤマト運輸、宮崎県西都市、宮崎県西米良村は、10月1日より、西都市と西米良村を結ぶ路線バスで宅急便を輸送する「客貨混載」を開始しました。

これまでヤマト運輸が西米良村に宅急便を配達する際には、西都市の集配センターから50キロの道のりを1時間半かけて輸送していましたが、今回の「客貨混載」で西都宅急便センターから宮崎交通の西都バスセンターに輸送して路線バスに積み込み、西米良村のバス停でそれぞれの地域を担当するドライバーに引き渡されます。また、集配の際も停留所から路線バスで荷物を輸送することで、今まで15時だった集配締め切りが17時まで延長されます。

宮崎交通は「客貨混載」を実施するにあたり、路線バスに一定量の宅急便を積載できるよう、車両中央部の座席を一部減らし、荷台スペースを確保したほか、客貨混載専用の路線バスと分かるように「ヒト・ものハコぶエコロジーバス」と銘打ったラッピングを施しています。

■関連記事
岩手県北バスとヤマト運輸、路線バスを活用し宅急便輸送 「ヒトものバス」披露

詳細はこちら