中国国際航空、北京〜モントリオール〜ハバナ線に12月就航へ アジアの航空会社キューバ初乗り入れ

ca

中国国際航空(エアチャイナ)は、9月29日より週3便を就航する北京〜モントリオール線を延伸し、12月1日よりハバナに乗り入れると明らかにした。

モントリオールはカナダ第2の都市で、産業、金融の中心地。ハバナはキューバの首都でカリブ海最大の都市。アジアとモントリオール、ハバナを結ぶ直行便、アジアの航空会社としてハバナへの乗り入れは初めてとなる。

中国国際航空は、エア・カナダとバンクーバーとモントリオールを含むカナダ6都市を結ぶ路線で共同運航(コードシェア)を実施している。

機材はボーイング777−300ER型機を使用する。

■ダイヤ
CA879 北京(13:00)〜モントリオール(13:50)/火・金・日
CA880 モントリオール(16:20)〜北京(18:00+1)/火・金・日

詳細はこちら