大阪国際大学、学生が関空に到着の外国人をアシストするボランティア 10月から

osakakokusai


大阪国際大学は、関西国際空港を利用する外国人旅行者をアシストするボランティア活動「アシスト 関西国際空港 ボランティア25(AKV25)」を10月1日から実施する。

中国、台湾、韓国を中心に急増する外国人旅行者への”おもてなし”が狙いで、関西国際空港では初の試み。第1ターミナル1階国際線到着ロビーで、インフォメーションセンター前にできる行列の誘導や情報提供などのアシストとリムジンバス乗り場付近での案内を行う。

当面は月に1回から2回程度の継続なボランティアとして、学部、短期大学部を問わずに25人を目処に派遣する。将来的には授業のカリキュラムに組み込む。

詳細はこちら