近畿日本ツーリストとフュートレック、音声翻訳配信サービスを観光事業者向けに展開

knt

近畿日本ツーリストとフュートレックは協業し、急増する訪日外国人へ向けたサービスの拡大を推進する事業の一環として、2016年春より音声翻訳配信サービスを観光事業者向けに展開すると発表した。

観光関連分野でのネットワークをもつ近畿日本ツーリストと、音声認識・合成・対話・翻訳をワンストップで提供可能なフュートレックの双方が得意とする分野を活かし、通常の音声自動翻訳システムでは実現が難しかったスタッフの業務から旅行者の会話まで、幅広く対応できる観光事業の会話に特化した音声翻訳のプラットホームを構築する。音声翻訳のほかにも、地域の観光情報と連携して観光案内、近隣案内なども予定している。

まず、近畿日本ツーリストが持つネットワークを活用して、ホテルや旅館などの観光事業者向けに、フュートレックの音声翻訳サービスのデータ配信と、ヴイストン製の卓上ロボット「Sota」とタブレットを活用した「ロボットコンシェルジェ」のリース事業を展開。2016年1月から、大阪マリオット都ホテルとシェラトン都ホテル東京で実証実験を開始する。