ルフトハンザ、オクトーバーフェスト期間中に民族衣装を着た客室乗務員が乗務 ラウンジで名物料理提供も

LH

ルフトハンザ・ドイツ航空は、毎年恒例のドイツビールの祭典「オクトーバーフェスト」期間中、ミュンヘン空港を拠点とする客室乗務員が伝統的な民族衣装を着用して乗務すると発表した。

ルフトハンザ・ドイツ航空の創立60周年を記念して、1950年代の伝統的衣装を再現したアニバーサリー仕様の衣装を身にまとった客室乗務員14人が、9月16日にはアメリカ・シャーロット、21日にはバンクーバーへ、29日にはドバイ便に乗務する。

1950年代の衣装は、ミュンヘンを拠点とする民族衣装専門店アンゲルマイヤー・トラハテンが再現した。女性客室乗務員が着用する「ヴィーズン・ディアンドル」はライトブルーにベージュの織り模様をあしらった当時のスタイルを再現。ベージュのエプロンには控えめなライトブルーのドットを施した。

ルフトハンザ・シティラインでは、バイエルン地方の伝統的衣装を着用し一部の欧州内路線に乗務するほか、ミュンヘン空港のスタッフは、ミュンヘンの衣料品店「シュスターマン&ボーレンシュタイン」がデザインしたディアンドルとジャケットを着用する。

ミュンヘン空港のファーストクラスラウンジでは、オクトーバーフェストを装飾を施したレストランで、「オックステールのプラリネ」や「白ビールのティラミス」など、バイエルン地方の名物料理を提供する。セネター ラウンジでは、リンゴを幾層の薄い生地で包んで焼いた「シュトゥルーデル」や、冷肉の盛り合わせ、プレッツェルなどを提供する。