デルタ航空とアメリカン航空、インターライン契約終了 スルーバッゲージも

デルタ航空とアメリカン航空は、インターライン契約を9月15日をもって終了する。これには、アメリカン航空と統合したUSエアウェイズも含まれる。

インターライン契約の終了により、受託手荷物のスルーバッゲージなどのサービスは終了となり、乗り継ぎの際には預け入れ直す必要がある。9月14日以前に発券された航空券では有効となる。

なお、両社間でのイレギュラー時の振り替えも終了する。しかしながら、デルタ航空の就航率は高い値で推移しているため、影響はほとんどないとしています。

詳細はこちら