マレーシア航空、エアバスA350-900型機を4機導入 エアリースからリースで

エアリース(A350-900)

マレーシア航空は、エア・リース・コーポレーションを通じてエアバスA350-900型機4機を導入する。エアバスA350-900型機2機とA330-900neoを2機の計4機のオプションも含まれている。

A350-900型機は、ロールスロイス製トレントXWB-84エンジンを搭載し、2017年第4四半期から2018年第2四半期の間にも引き渡される計画。

マレーシア航空のクリストフ・ミュラー最高経営責任者(CEO)は、「我々の機材の一部として、この機体を導入することに興奮している。A350は最も技術的に高度な航空機であり、我々はそれが非常に優れた乗り心地を提供し、全体的な効率を向上させると確信しています」との声明を発表している。

※記事を修正しました。

詳細はこちら