個人間で車を貸し借り! ディー・エヌ・エーが個人間カーシェアサービス「Anyca(エニカ)」の提供を開始!

anyca

ディー・エヌ・エー(DeNA)は、個人間カーシェアサービス「Anyca(エニカ)」の提供を9月9日より開始した。

“乗ってみたい”に出会えるカーシェアアプリをテーマとし、自動車を使わない間は使いたい人にシェアしたい「オーナー」と、必要な時に好みの自動車を使いたい「ドライバー」をマッチングするカーシェアサービス。従来はタイムズ24やオリックス自動車などが提供する「B to C」のサービスのみ提供されていたものの、「Anyca」では個人間でシェアができるのが特徴。

万一の事故に備えた1日単位の自動車保険への加入がワンストップで行える仕組みをはじめ、個人認証や決済システム、カスタマーサポートなどのシステムやルールを構築しており、10月頃からスマートフォンでドアの施錠や解錠ができる「スマートキー」の無料レンタルを開始する予定。

現在、利用可能な車両は国内外の乗用車をはじめ、旧車やスポーツカー、痛車と呼ばれる個性的なものまで様々で、現在東京都を中心に200台以上が登録されており、気分やシチュエーションに合わせた選択ができる。

ドライバー登録の際に運転免許証、電話番号、クレジットカードなどで個人認証を行うほか、ドライバーとオーナーの評価やレビューが残るため、利用する車両を検討したり、車両をシェアするか判断する参考になるとしている。決済はクレジットカード限定で、利用料金は「Anyca」からオーナーの銀行口座に振り込まれる。