長距離ライドシェアサービス「notteco」、ガイアックスが事業譲受

notteco


ガイアックスは、新たに設立した子会社を通じて、国内最大の長距離ライドシェア(相乗り)サービス「notteco」をCostyle(コスタイル)から事業譲受したと発表した。

「notteco」は、車で長距離移動する際に同乗者を募集し、ガソリン代や高速道路代などを人数で割る同サービス。利用者は、まずサイト上で会員登録を行い、トップ画面の「相乗り検索」「新着ドライブ」から相乗りできる車を探し、「ドライバー」とサイトを通して連絡を取った上で、待ち合わせ場所や降車場所、荷物の大きさなど、詳細を決める。相乗り終了後に「ドライバー」に割勘代を支払うというもの。

2007年に「のってこ!」としてサービスを開始したものを、2015年にCostyleが買収し全面リニューアル。会員数は約16,000人で、年間約3,500件の相乗りをサポートしており、2012年11月には、富山県射水市に対し、市職員が通勤時にライドシェアサービスを利用できるシステムを提供した。利用者の利便性を考慮し、スマートフォン表示への対応や、携帯電話やメールアドレスによる認証、会員間で5段階評価できる「レーティングシステム」を導入している。

■関連記事

長距離の相乗りサービス「のってこ!」がリニューアル 会員数70万人目指す

詳細はこちら