エミレーツ航空、フランクフルト線にエアバスA380型機を1日2便投入 来年1月から

EY

エミレーツ航空は、ドバイ〜フランクフルト線へのエアバスA380型機の投入を、2016年1月1日から1日2便に増便すると発表した。

2014年9月からエアバスA380型機の投入を開始しており、ボーイング777−300ER型機で運航している、EK47便と48便をエアバスA380型機に切り替えることで、1日2便がエアバスA380型機での運航となる。これにより、1週間あたりの供給席数が1,155席増えることになる。

エミレーツ航空は、ドイツ4都市とドバイを結んでおり、うち3都市にエアバスA380型機を就航させている。

■ダイヤ
EK47 ドバイ(14:35)〜フランクフルト(18:40)
EK48 フランクフルト(20:30)〜ドバイ(06:10+1)

詳細はこちら