仙台空港の民営化、東急グループらを優先交渉権者に選定

SDJ


国土交通省は、仙台空港の民営化を東京急行電鉄や前田建設、豊田通商などで構成される東急前田豊通グループを優先交渉権者に選定したと発表した。

次点交渉者は、三菱地所、日本空港ビルデング、大成建設、仙台放送、ANAホールディングスで構成されるMJTsが選定されている。

9月中に基本協定を締結し、12月には実施契約の締結、ビル施設の事業の開始は2016年2月を予定している。滑走路等の維持管理や着陸料の収受等については、12月から引き継ぎを開始し、2016年6月末に完全移管を目指す。

詳細はこちら