隣の席が肥満で怪我? オーストラリアの男性が航空会社を提訴

etihadSaiban0830

隣席に座った客が肥満であったために不自然な体勢を長時間強いられて、持病の背中痛が悪化したとして、エティハド航空に対して損害賠償を求める裁判がオーストラリアのブリスベンで審理中であることがわかった。

各メディアの報道によると、裁判を起こした男性は、2011年にエティハド航空のドバイ発シドニー行きの便に搭乗したものの、隣に座った肥満の客は咳もひどく唾も飛んでいたので不快に思い、隣の肥満客を避ける形で体をねじ曲げて着席していたと証言している。また、何度も客室乗務員に座席の変更を求めたのに少しだけ乗務員席に座らしてもらったが、飛行時間の大半は肥満客の隣で不自然な体勢で座っていたとしている。

対してエティハド航空は、肥満の客や席がひどい客が隣に来ることやは稀なことではないとして反論し、原告の請求を棄却するよう裁判所に求めた。しかし裁判所は請求の棄却はせず、起訴した男性に背中の検査を命じ、背中痛の悪化と当該フライトとの直接の因果関係を探る方向で審理を進める判断をした。 検査は今年12月に実施される予定で、裁判の経過に注目が集まる。


詳細はこちら