ANA、スマートフォンアプリでBeacon用いた情報発信の新機能提供

ANA(メイン)

全日空(ANA)は、iOSとAndroidアプリ「ANA」で羽田空港内でBeaconを用いて位置情報に基づいた情報発信機能を開発し、8月28日より新機能の提供を開始した。

ANAでは、国内・国際線の搭乗券を「モバイル搭乗券」として管理し、「スキップサービス」でペーパーレスでの搭乗が可能。出発時刻のカウントダウンや運航状況のプッシュ通知機能も提供している。

今回、羽田空港に到着した利用者を保安検査場まで誘導する機能のほか、「ANA LOUNGE」でも季節に合わせた会員限定のお得情報の取得もできるようになった。また、Apple Watch向けアプリでも同様の情報を、日本語・英語に2か国語で表示させることができる。

■関連記事
ANA、東南アジア線でプレミアムエコノミーとファーストクラスのサービス拡大
ANA、ボーイング787−9型機を5月から国際線に投入 東京/羽田〜ミュンヘン線から
ANA、東京/羽田〜香港線深夜便の運航継続 3月30日から週2便で
ANA、東京/成田〜クアラルンプール線開設を発表 9月1日から

詳細はこちら