信徳ホールディングス、ジェットスター・香港から撤退する意向表明

P1000010

信徳ホールディングスは、香港政府から運航認可が得られなかった、ジェットスター・香港から撤退する方針であると発表した。

ジェットスター・香港は、信徳ホールディングスと中国東方航空、カンタス航空が出資して設立し、2013年末にも就航を予定し準備を進めてきたものの、香港政府は、香港基本法第134条に準拠していないとして不認可を発表していた。信徳ホールディングスは、出資する3社の中では唯一の香港を拠点とする企業で、これによりジェットスター・香港の就航の可能性はなくなった。

カンタス航空はすでに出資金を償却しており、更なる投資は行わないと表明している。

■関連記事
ジェットスター香港、香港政府が営業認可拒否 基本法に準拠せず

詳細はこちら