トランスアエロ航空、エアバスA380型機の受領延期へ 需要低迷理由か


A380_TRANSAERO

トランスアエロ航空が、エアバスA380型機の受領を延期したとみられることがわかった。ロイター通信やブルームバーグが伝えています。

トランスアエロ航空は4機のエアバスA380型機を発注しており、今年中に受領を開始する見込みでしたが、ロシア経済の低迷などによる需要減から受領を遅らせるものと見られています。

エアバスA380型機は、現在、シンガポール航空、エールフランス航空、ルフトハンザ・ドイツ航空、エミレーツ航空、カンタス航空、大韓航空、中国南方航空、マレーシア航空、タイ国際航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、アシアナ航空、カタール航空、エティハド航空が運航しており、ロシアの航空会社として初めて運航を行う計画でした。

詳細はこちら