ウェブサイトの価値、ANAが3年連続で1位に JALは2位

ana

トライベック・ブランド戦略研究所は、「Webサイト価値ランキング 2015」を発表した。

1位は3年連続で全日空(ANA)で、ウェブサイトの価値は約674億円だった。2位は日本航空(JAL)で約627億円となった。3位以下は、パナソニック、NTTドコモ、大和ハウス工業、トヨタ自動車、ソニー、au、積水ハウス、パナホームと続いている。

ウェブサイトの価値は、売り上げ貢献度を評価した「売上価値」と、閲覧価値と行動価値から算出した「情報価値」を元に算出している。

詳細はこちら