成田国際空港とヤマハ、アプリ活用でアナウンス翻訳の実証実験

omotenashi

成田国際空港とヤマハは、ヤマハが提供する日本語のアナウンス内容を翻訳する「おもてなしガイド」アプリを活用した実証実験を、9月1日から12月15日まで、第2旅客ターミナル本館3階保安検査場で実施すると発表した。
「おもてなしガイド」は、日本語のアナウンス音声の翻訳情報・文字情報が、スマートフォンからリアルタイムで確認できるアプリ。iOS7.0以上に対応する。対象言語は日本語・英語・中国語(簡体字・繁体字)・韓国語・タイ語・フランス語・スペイン語・インドネシア語。 

空港の利用者は、保安検査場で注意事項などのアナウンスが流れている時に「おもてなしガイド」アプリを利用すると、インターネットに接続することなく、アナウンスの内容を対象言語で手元のスマートフォンで確認することができる。実証実験を通して、「おもてなしガイド」の機能追加や利便性向上を図り、対象アナウンスと放送エリアの拡大を検討するとしている。

詳細はこちら