エティハド航空、運賃体系変更 エコノミー格安運賃で預け入れは23キロ1個までに


800x600_1418897220_A380_Etihad_Airways_in_flight

エティハド航空は、9月14日発券分より運賃体系を変更すると発表した。

エコノミークラスは、「Economy Breaking Deals」「Economy Saver」「Economy Value」「Economy Freedom」の4種類。ビジネスクラスは、「Business Breaking Deals」「Business Saver」「Business Freedom」の3種類の運賃体系となる。

受託手荷物の個数は、エコノミークラスでは「Economy Breaking Deals」と「Economy Saver」は23キロのもの1個まで、それ以外は2個までとなる。ビジネスクラスでは、いずれの運賃でも32キロのもの2個までとなる。

これに伴い、受託手荷物の追加料金体系も見直し、従来より割安となる。

■関連記事

エティハド航空、初のエアバスA380型機を受領 リビングとベッドルーム完備の個室も

詳細はこちら