キャセイパシフィック航空、4機のボーイング747−400型機を退役 エアバスA350型機は来年2月受領へ

キャセイパシフィック航空(メイン)

キャセイパシフィック航空は、4機のボーイング747−400型機と3機のエアバスA340-300型機を退役させたと発表した。うちボーイング747−400型機1機はリース会社に年内に返却させる。

導入を予定しているエアバスA350-900XWBは、2016年2月にも受領する。

退役させるボーイング747−400型機とエアバスA340-300型機を除き、キャセイパシフィック航空と香港ドラゴン航空の全てのワイドボディ機の全クラスで、新しい座席への交換を行った。

また、6機を保有する貨物機のボーイング747−400F型機はボーイングに売却することで合意sちえおり、うち1機は2014年11月、1機は2015年7月に売却を完了。残り4機は2016年末までに退役させる。

詳細はこちら