乗客のスマートフォンから煙… ソウル発のブリティッシュ・エアウェイズ機内で

787-9b

ソウル/仁川発ロンドン/ヒースロー行きのブリティッシュ・エアウェイズ18便が、乗客のスマートフォンが過熱したためロシアのイルクーツクの空港に臨時に着陸した。

乗客のスマートフォンからは煙が発生しており、予防措置としてイルクーツクに着陸。スマートフォンはイルクーツクで下ろされた後、2時間半後にロンドン/ヒースローに向かって離陸した。

イギリスの各紙によると、機材はボーイング787−8型機で約200人が搭乗していた。

■関連記事
セブパシフィック航空の客室乗務員、乗客の現金を窃盗か
エア・インディア機で副操縦士が機長を殴るトラブル
アラスカ航空機内に何故か「サソリ」 乗客が刺されて引き返す
チリで失踪したラン航空機、54年ぶりに発見