JRグループ、「フルムーン夫婦グリーンパス」発売 IGRいわて銀河鉄道線の通過利用特例は廃止

_MG_2054

JRグループ各社は、2人合わせて88歳以上の夫婦を対象としたグリーン車が乗り放題のきっぷ「フルムーン夫婦グリーンパス」を9月1日より発売すると発表した。

利用期間は10月1日から2016年6月30日までで、連続した5日・7日・12日間の利用が可能。12月28日から2016年1月6日、3月21日から4月5日、4月27日から5月6日は利用不可。

2人合わせて88歳以上の場合に購入できる「一般用」と、2人の内いずれかが70歳以上の場合に購入できる「シルバー用」を設定。価格は、5日間の場合、一般用は82,800円、シルバー用は77,800円となる。夫婦が同一行程で利用する場合のみ有効。

JR線内の新幹線を含む特急、急行、快速、普通列車のグリーン車、B寝台車、BRT、宮島フェリーの利用が可能。新幹線「のぞみ」「みずほ」の利用はできない。グランクラスやA寝台個室、B寝台個室、ホームライナーなどを利用する場合は別途料金が必要。

また、青い森鉄道線の青森~八戸間・青森~野辺地間・八戸~野辺地間の普通・快速列車と、あいの風とやま鉄道線の高岡~富山間の普通列車、IRいしかわ鉄道線の金沢~津幡間の特急・普通列車は通過利用する場合に限り利用可能。あいの風とやま鉄道線では高岡駅と富山駅、IRいしかわ鉄道線では金沢駅と津幡駅に限り下車することができる。寝台特急「北斗星」利用時の、青い森鉄道線とIGRいわて銀河鉄道線の通過利用特例は廃止された。

2015年度末の新青森~新函館北斗間の北海道新幹線開業に伴い、きっぷの効力が変更となる場合があるとしている。

詳細はこちら