ANA、東京/羽田〜大島線から撤退を正式発表 10月24日で

ANA(メイン)

全日空(ANA)は、東京/羽田〜大島線から10月24日をもって撤退すると正式に発表した。

ANAの東京/羽田発着の伊豆諸島路線は、2014年3月29日にボンバルディアDHC8-300型機の退役に伴い三宅島線から撤退。残るのは八丈島線のみとなる。

利用の低迷が撤退の理由で、運賃助成や商品券の配布などの搭乗率向上のための施策を行ったものの目標となる50%には及ばず、直近で発表されている、2015年6月の搭乗率は10.4%だった。

■ダイヤ
ANA1843 東京/羽田(08:40)〜大島(09:20)
ANA1844 大島(10:10)〜東京/羽田(10:45)

■関連記事
ANA、国内線の冬スケジュール航空輸送事業計画を発表 エア・ドゥ新規2路線はコードシェアで撤退
JAL、冬スケジュールの国際線路線便数計画を発表 台北線大型化やソウル・シンガポール線小型化も
JAL、冬スケジュールの国内線路線便数計画を発表 3路線で増便

詳細はこちら