ジェットスター・ジャパン、冬スケジュール全路線で販売開始 国際線新路線も計画

P1000010

ジェットスター・ジャパンは、10月25日から開始する冬スケジュール期間の全19路線の販売を、きょう8月19日午後1時より順次開始すると発表した。セールも実施する。

東京/成田発着は、香港線は1日最大1往復2便、高松・大分・熊本・鹿児島線は同2往復4便、松山線は同3往復6便、大阪/関西・沖縄/那覇線は同4往復8便、札幌/千歳・福岡線は同7往復14便。大阪/関西発着は香港・福岡・熊本線は同1往復2便、札幌/千歳線は同2往復4便、沖縄/那覇線は同3往復6便。名古屋/中部発着は沖縄/那覇線は同1往復2便、札幌/千歳・鹿児島線は同2往復4便、福岡線は同3往復6便をそれぞれ運航する。また、大阪/関西〜大分線と名古屋/中部〜熊本線は運休する。運航便数は1日最大50往復100便となる。

冬スケジュール期間中にも国際線の新規路線の開設を予定しており、決まり次第発表するとしている。

詳細はこちら