エティハド航空、手荷物規定を変更へ 格安航空券では23キロまでの預入手荷物1個のみ無料に


800x600_1418897220_A380_Etihad_Airways_in_flight

エティハド航空は、9月中に手荷物規定を変更する計画です。

従来の重量制から個数制に変更するほか、運賃種別によって異なる許容量を適用します。エコノミークラスでは、現在は一律で30キロまで無料で預け入れることが可能ですが、予約クラスが「T・E・U・V・G」では23キロ1個まで、「L・Q・M・K・H・B・Y」では23キロ2個までとなります。アメリカ・カナダ・アフリカ線などの一部の路線では従来通りとなります。

また、新たにエコノミークラスの予約クラスが「H・B・Y」の航空券では優先チェックインのサービスを開始します。

■関連記事

エティハド航空、初のエアバスA380型機を受領 リビングとベッドルーム完備の個室も

詳細はこちら