エミレーツ航空、ドバイ〜パナマシティ線を来年2月開設 世界最長路線

EK

エミレーツ航空は、ドバイ〜パナマシティ線を2016年2月1日に開設すると発表した。

機材は、ファーストクラス8席、ビジネスクラス42席、エコノミークラス216隻を配置したボーイング777−200LR型機を使用する。フライト時間は17時間35分で、世界最長の直行便の路線となる。

エミレーツ航空にとって、中央アメリカへ初の就航となり、15トンの貨物を搭載できることから、医薬品や機械、電子機器などの輸出入のほか、ビジネスや観光目的での利用を想定している。

■ダイヤ
EK251 ドバイ(08;05)〜パナマシティ(16:40)
EK252 パナマシティ(22:10)〜ドバイ(22:55+1)

詳細はこちら