ニュージーランド航空、新機内安全ビデオ「メン・イン・ブラック×オールブラックス」編を発表!

NZ

ニュージーランド航空は、 オールブラックスや国際ラグビー界に名を連ねる著名な選手たちやソニー・ピクチャーズ・エンターテインメントらと協力した、 最新の機内安全ビデオ「メン・イン・ブラック×オールブラックス」編を発表した。

「メン・イン・ブラック」シリーズからインスピレーションを受けた最新機内安全ビデオには、 主役のエージェント2名として、 オールブラックスのリッチー・マコウ主将とダン・カーター選手が出演。

監督のスティーブ・ハンセン氏、 そしてチームメートのキーラン・リード選手、 ケヴェン・メアラム選手、 サム・ホワイトロック選手、 イズラエル・ダッグ選手、俳優のリップ・トーン氏、元オーストラリア代表でW杯優勝経験者デイヴィッド・キャンピージ氏、 ワールドカップ初優勝時のイングランド代表主将マーティン・ジョンソン氏、 元アルゼンチン代表主将アグスティン・ピチョット氏がカメオ出演している。イズラエル・ダッグ選手はニュージーランドのミュージシャンであるスタン・ウォーカー氏と一緒に、 ラップのボーカルにも挑戦した。
ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントのエグゼクティブ・バイス・プレジデントのエマニュエル・ボード氏は、「創造的なコンセプトと、 オールブラックスと『メン・イン・ブラック』の共通点を引き出した点が、 とても巧みです。 『メン・イン・ブラック』の世界をユニークに再現しようとしたニュージーランド航空をサポートできて楽しい経験でした」と述べた。
ニュージーランド航空のグローバル・ブランド・ディベロップメント部長であるジョディ・ウィリアムス氏は、 「ニュージーランド航空は最近、 オールブラックスとニュージーランド・ラグビー協会へのスポンサーシップを2020年まで継続することを決めましたが、 それを祝うのに最もふさわしいのが機内安全ビデオだと考えました」と、 最新の機内安全ビデオにオールブラックスの出演がかなったことは、 これ以上ない組み合わせであるとしている。