ボーイングとANA、787型機を新規導入する航空会社への支援で提携

DSC_1729

ボーイングと全日空(ANA)は、ボーイング787型機の「ゴールドケア」に加入した航空会社への支援で提携したと発表した。

同提携は、ボーイングが持つ航空機に関する深い知識や膨大なデータに、ANAの整備や運航に関する知識や経験を組み合わせ、787型機を初運航する「ゴールドケア」の航空会社に対して新機材導入に関する知見を提供、新機材導入期間中の整備管理とライン整備の監督を協力して支援することで、航空会社へ新機材導入に関する知見を提供する。ボーイングがこのような提携を航空会社と行うのは初めて。

ボーイングは7月までに世界の航空会社60社から計1,095機の787型機を受注し、そのうち304機を納入している。ANAは、787型機のローンチカスタマーであり世界最大となる40機を運航しており、最も多くの787型機の離着陸回数と飛行時間を有している。

ボーイングの「ゴールドケア」は、エンジニアリングとメンテナンスを統合して提供する航空会社向けのサービスプログラムで、それぞれの航空会社に合わせた柔軟な組み合わせが可能。「ゴールドケア」を利用する航空会社は、市場における優位性があり、高価値で低リスクかつ効率的な機材メンテナンスサービスを受けることができる。